高収入な職場への転職で考えるべきこと

薬剤師の転職(高額求人)

一般的に転職を希望する背景には、「年収アップ」というものが考えられます。可能な限り、いまよりは年収を増やしたいと思うのは当然のことでしょう。
看護師求人~看護師の役目とその必要性~

しかし、それだけで高額求人に飛びつくのは少々危険かもしれせん。 何故ならば、高額求人は年収アップのメリットがある反面、デメリットも存在するからです。

薬剤師の求人募集で、高額求人の場合のデメリットには次のようなものが考えられます。

「薬剤師が一人しかおらず、残業も多く休む事もままならない」
「採用時から高額を提示されているために、昇給してもらえない」
「個人経営の場合、経営が安定していないことがある」
「大手チェーンであるために、転勤を余儀なくされる」
「処方箋の枚数が多いため、激務である」

薬剤師の年収は、大抵の場合、本人のこれまでの経験やスキルによって判断されるものですが、高額求人においてはそのようなことがないため、安易に転職すると想定外のデメリットに悩まされることも多々あるようです。

また、田舎になるほど薬剤師不足は深刻化していますので、僻地になると新卒薬剤師で年収600万円という高額求人も見受けられます。 薬局経営には薬剤師は不可欠ですから、高額な年収を提示してでも人材確保を優先したいのです。

勿論、首都圏においても高額求人は見受けられますが、それなりのデメリットがあることは覚悟しておいた方がいいかもしれません。
済生会熊本病院

上記に示したデメリットが潜んでいるかもしれない高額求人。 デメリットを覚悟の上で高額年収を得たいのであれば、それなりに頑張っていけるかもしれませんが、デメリットがあることを認識せずに迂闊に転職すると後悔することになるでしょう。

転職したはいいものの、長続きせずに辞めてしまうことにでもなったら、無駄に履歴書の職歴を増やす結果となってしまい、その先の転職にも影響を及ぼすことにもなりかねません。 ですから、高額求人に隠れているデメリットの情報入手には万全を期すべきでしょう。

しかし、個人で情報を入手することは容易なことではありませんので、転職サイトの専門コンサルタントに相談されるのが得策だと思います。 コンサルタントは求人側の情報に詳しいので、安心して転職活動ができるでしょう。


大手薬局ってどうなの?

薬剤師の転職先が薬局の場合、大きく「大手の薬局チェーン」と「中小の薬局」の2つに分類されます。 どちらにも長所・短所があり、人によって好みが分かれるところです。

通常の企業の場合、人気が高いのはやはり大手の会社ですよね。 確かに大企業ほど給与面や福利厚生がしっかりしているところが多く、就活者からすれば魅力的と言えます。

ですが、薬局の世界だとそう簡単にいかないのが面白いところです。 中小の薬局の給与体系のほうが、大手薬局チェーンよりずっと高いというケースはよく見られます。

一般企業と比較して、薬局においては、「大手が絶対お勧め」という考え方は必ずしも正解ではないようです。 とはいえ、大手薬局チェーンには、大手ならではのメリットも当然あります。いくつか列記してみましょう。

①教育体制の充実
大手薬局チェーンのメリットでも代表的なものがこれです。業務のシステム化が進んでおり、OJTのための体制・インフラ等の充実は、中小薬局では真似できないところです。

②安定した経営基盤
チェーン展開によるリスク分散が図られているので、企業の収益が安定しているという点は見逃せません。

③進んだIT化

項番1とリンクしますが、大手薬局チェーンでは、必然的に業務のITシステム化は進んでいます。 店舗間での様々な情報共有や、多店舗でのトラブル事例等の情報も、サービス向上のためしっかり管理されています。

こういったところが大手薬局チェーンのメリットですが、当然デメリットも存在します。 いくつか見てみましょう。

①給与水準が比較的低く、残業が多い
  前述したように、薬局業界では大手の方が給料が安い傾向にあります。また、規模が大きい分、回ってくる仕事の量も多いので、閉店後に残って書類作成というのは日常茶飯事です。

②転勤の可能性がある
これもチェーン会社の宿命のようなものです。会社の規模が大きければ大きいほど、転勤の範囲も大きくなってきます。もちろん、ある程度希望に沿ってくれることもありますが、1箇所でずっと働くというのは難しいでしょう。

このように一長一短ある大手チェーン薬局の仕事ですが、自分のやりたい事、ライフスタイルと照らし合わせた上で、中小の薬局を選ぶか、大手チェーン薬局を選ぶかをじっくり検討することをお勧めします。


軽はずみな転職は考えもの!

薬剤師の方が転職について悩まれるのには、当然様々な理由がある訳ですが、中には、「転職せずにもう少し頑張ってみても良いのでは・・」と思ってしまうような方もいらっしゃいます。

そういった方々に共通している点が1つあります。 それは「転職の理由にポジティブなものが見られない」ということです。

例えば、転職の理由として「今の職場の待遇ではやってられない」とか「人間関係がどうしてもうまくいかない」という事由を挙げる方が見られますが、こういったケースの場合、転職しても結局同じ事の繰り返しになることが多いのです。

こうなると、自分だけの問題ではなくなってきます。 転職支援会社は、求人先の会社に対しても、長く働いてくれる優良な人材を提供する、という責任がある訳ですから、上記のような事態になると、求人先の会社、転職支援会社双方に対して迷惑を掛けることになります。

自分にとっても、履歴書の転職歴の記載が増えるだけで何も良い事はありません。 転職の理由にネガティブな事由しか思い浮かばない方は、一度冷静になって、こう考えてみてください。 「自分が勤務している職場に、何か良い所はないだろうか」と。

給与が少々安くても、社員教育体制がしっかりしているだとか、支給のパソコンやプリンタといったインフラ設備が充実しているといった点が思い浮かぶかもしれません。

忙しくて休みが少ないというのも、逆に考えればそれだけ患者さんと接したり、業務スキルを身につける時間が多いということに繋がっているかもしれません。

職場に対して、一つでも「嫌だな」と思う要素ができると、それが悪い方に増殖してしまうことはよくある事です。 そうすると、職場の良い点までもが見えなくなってしまいがちです。

前述したように、頻繁に転職を繰り返すことは、自分だけでなく、色々な方面に迷惑を掛けるということを忘れてはいけません。 慎重に自分の現状を見つめなおしてじっくり検討し、それでどうしても無理だ、と判断したときに転職すればよいのではないでしょうか。

最近は、短い期間で転職成立を謳い文句にしている転職サイトも見られますが、あなたの立場になって考え、転職後についてもケアしてくれるサイトを見つけることが最も大切です。